援助交際は誰がされる?

女の子たちは男性たちに品定めされているものです。

援助交際においては男性たちが好みの女の子との交際を求めていくものとなっているものですから好みではない女の子がいたとしても声をかけていくようなことはありません。

いくら女の子たちから交際を求められるようなことがあったとしてもタイプに当てはまることができなければ交際なんてしてみたいとは思わないものです。

ましてや、援助交際においては男性がわざわざ女の子に対してお金を支払っていくわけですから少しでもタイプに当てはまっているほうが嬉しいものですよね。

わざわざお金を支払ってもらっているわけですから女の子たちは男性たちの我儘に応えていかなければなりません。

多少の無理な要望といったものがあったとしてもお小遣いを得るためには要求をのんでいかなければならないのです。

絶対服従というほど重い関係ではないかもしれませんが、それでも男性に満足してもらうことができなければ援助をしてもらうことができないのです。

男性に満足してもらうことによって女の子たちは援助を受けることができる世界が援助交際というものです。

思考錯誤しながら少しでも男性を満足させてあげなければなりません。

それは時に苦難を伴うこともあるかもしれませんし、嫌がることも無理強いさせられることもあるかもしれませんがそんな行為で男性が満足できるからこそお礼に援助を受けることができるようになっていくのです。

もっと若いと思ったのに…

女性たちのなかには年齢を誤魔化しながら援助交際をおこなってくれる男性たちに近づいていくことによって見事に援助交際を成功させていくという人たちもいるようです。

もう既に成人を過ぎ、30代間近といった女性・もしかしたら30代を越えてしまっているような女性たちのなかにも年齢を偽ることによって男性との援助交際を成功させていくケースもあるかもしれません。

男性としては、若い肌・身体を持っている女の子との援助交際を求めているものですから少しでも年齢は若いほうが好みとしているものですが、口では年齢なんていくらでも若く言うことができるものです。

そのうえ、メイクやファッションといったものを工夫していくことによっていくらでも若く見せることができるようになってきていますし、十分若々しく過ごしているような女性たちもいるものですから男性たちを騙していくことで援助交際をしているような人もいるようです。

後になって女性の口から実はゆうに20代を越えているの…などと言われても男性としては後悔や騙されたという想いでいっぱいになるだけでしょう。

女性たちの年齢というものは言葉だけで信用するのは危険かもしれません。

仕草といったもの、話題のなかで取り上げられている内容のなかからちょっと歳いき過ぎてないか?と怪しく思ってみたら実年齢を思い切って聞いてみるのも必要かもしれません。

若い肌さえ楽しめれば良いという男性であれば良いかもしれませんが…。

サブコンテンツ

このページの先頭へ