美容師についてのQ&A

美容師・美容室についての様々な疑問をQ&A方式にまとめてみました。 - 美容師の国家試験を受けるのに、何か資格はいりますか 。

美容師の国家試験を受けるのに、何か資格はいりますか 。

美容師の国家試験を受けるのに、何か資格はいりますか。

“美容師の国家資格は、誰でも受けられるわけではありません。受験資格が決まっています。
いわゆる美容師専門学校へ、通わなければなりません。
通信教育でも学ぶことができます。
くわしくは、次の通りです。
理容師・美容師養成施設で、次の課程を修了した人
(平成10年4月1日以降に入学した人)

  •  ・昼間課程 2年以上
  •  ・夜間課程 2年以上
  •  ・通信課程 3年以上

理容師・美容師養成施設で、次の課程を修了した後、1年以上の実地習練を経た人
(平成10年3月31日以前に入学した人)

  •  ・昼間課程 1年以上
  •  ・夜間課程 1年4ヵ月以上
  •  ・通信課程 2年以上

また、試験には筆記試験と実技試験がありますが、先回どちらかのみ合格した人は、合格をしたほうの試験が免除されます。 ”

美容師と理容師の違いとは?

grhlrskthors
“美容師と理容師の違いはまずは資格にあります。
美容師は美容師免許、理容師は理容師免許と言う国家資格です。
その他にも美容師は容姿を美しくすること、理容師は容姿を整えることと言った仕事内容の違いがあります。
最近の美容室ではカットやパーマ、カラーリングは勿論のこと、トリートメントやメイク、着付け、ヘッドスパなどあらゆるサービスを提供するところが見られます。
そのためどちらかと言うと美容師の方が流行に敏感であることが必要です。
その代わりに美容師はメイクを必要とするときのみにカミソリを使用する顔剃りが出来ないです。
理容師は女性のお客さんにはパーマをあてることが出来ないですが、実際には行われている理容室が多く見られます。
美容師と理容師の両方とも資格を取得することが可能で、両方取得しているとでお客さんに出来るサービスが幅広くなります。”
“美容室で働きながら、美容師の資格取得を目指している方は数多くいらっしゃいます。
美容師の国家試験に合格しなければ、実際に美容師として仕事をすることは出来ません。
しかし、美容室で働くことによって、美容学校では学べないことは数多くあるのです。
美容学校では、あくまでも美容師の国家試験に合格するための知識をより多く頭の中に入れていく…そのための授業を行います。
しかし、実施に知識を頭に詰め込むよりも、実際に現場で美容師の仕事をの様子を見ながら、美容院で働くことで、より多くの経験を吸収することができます。
wqytyd
そのため、美容院で働きながら、美容学校の通信課程で資格取得を目指すことも十分に可能です。
スクリーニングが年に数回あり、昼間課程に比べれば、1年程度、卒業までに時間がかかりますが、実際に美容院で実際のカット以外の経験を積みながら勉強が出来るため、より効率的に美容師と言う夢へ向かって進むことが出来ます。”
美容師求人
■美容師・美容室 求人 サイト【美ジョブナビ】≪http://tayarec.com/≫